一昔前のように、各家庭で余裕があることは少なくなりました。昔であれば会社員をやっていてもある程度収入が伸びていき終身雇用が適用されていましたが、最近は終身雇用が適用されないだけでなく、長年勤務しても給料が増えるどころか給料が減ってしまうことすら珍しくありません。そこで、今の世の中で注目されているのが土地活用になります。いわゆる投資の一つになりますが、ある程度お金をためておけば土地を利用して、収益を追求することができるのです。土地活用は、昔からあったことですが、昔は投資の専門家がやっていたので素人あまり手を出さなかったのですが、最近はインターネットの情報があるだけでなく、会社員自体の収入が少なくなるため、会社員が土地活用をするようになったというわけです。

どのような土地の活用がいいかを考える

土地を活用する場合には、いくつかの方法がありますが、ある程度お金があればアパートなどを建築してもよいかもしれません。ただし、最近の傾向としては空室が多い傾向にあります。空室が多いということは、アパートを建築しても最初のうちはよいかもしれませんが、時間の経過とともに空室が増えていき赤字になるかもしれないということです。これを避けるためには、勉強が必要になります。また経験も必要になりますが、最初はできるだけお金のかからないものから取り組んでもよいでしょう。初心者ほど大きなものに手をだしてしまい大失敗をして借金生活に転落する可能性があるのです。そこで、同じ土地活用でも駐車場などを経営してみるのもよいかもしれません。駐車場にする場合はどうしたらいいのでしょうか。

土地を利用して駐車場にするメリット

土地を利用して、そこを駐車場にする場合には、大きく分けて二つの駐車場があります。一つは月極駐車場で、契約をすることで毎月定額のお金を取り駐車場として経営していきます。もう一つはコインパーキングです。コインパーキングはコインパーキング会社と提携をして機械などを貸し出してもらい、一定の収入を得る方法です。どちらがいいかを場所によって異なります。例えば、駅前の土地を所有している場合、車の出入りが頻繁になりますので、コインパーキングは一定の需要があると言えるでしょう。ですが、駅前ではなく住宅地などに土地をもっている場合は、コインパーキングよりも月極駐車場の方が便利なことがあります。特にマンションの多い場所では、駐車場の台数が限られていますので、月決め駐車場にすることで多くの人に喜ばれるでしょう。