普通の人の感覚だと、土地を手に入れたら住宅を建てて住むという流れが一般的でしょう。自分たちだけの住宅を手に入れられるメリットがあるものの、この方法だけでは十分ではありません。自分たちが住む目的だけでなく、他の人に利用してもらうことで収益を得られるチャンスがあることを知っておくべきです。収益をもたらす方法を、土地活用といいます。土地を使って投資をするという意味も込められています。土地は資産になりますが、持っているだけではあまりメリットがないのも事実です。バブルのときならまだしも、今はそう簡単に高く売れるものではありませんから、維持しているだけで固定資産税がかかったり、相続税の負担になるなど問題が発生します。土地ならではの資産運用のコツをつかんで、上手く収益を獲得してみましょう。

初期費用が安く済む駐車場や貸し出し

土地活用を始める場合、多額の初期費用がかかることを予め承知しておいてください。最初の出費は大変ですが、運用して収入が得られるようになれば、あまり気にならなくなってきたり、十分に回収できるようになるでしょう。中でも費用がかかりにくいのが、月極駐車場や土地を貸し出す方法です。生活に車が必須な社会ですが、駐車スペースの確保が難しいのが現状です。駐車スペースが欲しい個人や会社に貸し出すことで、収入を得ることが可能です。簡易的な駐車場なら設置物がほぼ不要ですので、安く始めることができます。土地をそのまま貸し出す方法も同じようなものです。スペースを貸すだけで、後は利用者が自由に使います。トランクルームや太陽光発電は設備が必要ですが、小規模なものであれば数百万円程度でも始めやすくなっているのが魅力です。

収益性の高いアパートや高齢者住宅

初期費用の安いものなら誰もが始めやすいメリットがあるものの、一方で収益性についてはやや低めに推移します。収益性を求める土地活用を目指すなら、初期費用が高くなるものの、アパート経営を始めるのがおすすめです。土地にアパート用の住宅を建てて、入居者を集めます。入居者さえいれば、賃料で自動的に収入が得られるのがメリットです。入居者が多いほど収益性が高まります。資金に余裕があればマンション経営を選ぶことで、さらに収益性を高める可能性を引き出せます。近年注目度を増しているのが、高齢者住宅です。介護などのサービス付きの高齢者住宅ならば、高齢化社会に突入している日本での需要が高く、容易に収益性を高められるのが優れた点です。賃貸住宅で活用する場合には、場所の利便性を考慮して、土地を取得するのがコツです。

お客様の大切な財産である土地を有効に活用する提案をし、土地が持つポテンシャルを最大限に引き出します。 エリア特性にあった物件を分析し、提供を行う。 大事なお客様へのメッセージとして、やはり必要最低限の家具がついていたり、そのまま生活できるのは便利です。 当店では、それぞれのお客様に最適な土地活用・資産整理の方法をご提案し、理想的な暮らしを実現するサポートをいたします。 理想の土地活用で笑顔溢れる日々を